なぜ夜ブラをつけて寝るといいの?気になるナイトブラの役割とは?

そもそも、なぜブラジャーをつけないといけないのでしょうか?

なぜ、夜ブラが必要なのか?

ブラの必要性について、お話ししていきたいと思います。

なぜ、夜ブラをつけて寝る方がいいの?

なぜ、私たちは日中にブラジャーをつけているのでしょうか?

なぜなら、日中は動く時間が多いからです。

出掛けたりするときに乳首が透けたり、形をよく見せるために付けるという意味もありますが、それとは別に、ブラジャーをつけないと重力に引っ張られて、段々とバストが垂れやすくなります。

垂れてしまうと肩こりの原因になったり、見た目も悪くなります。

なら、動くときだけブラジャーをつければいいのかなと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

夜寝ているときもきちんと夜ブラをつけることが大切です。

夜ブラは、寝ている間の重力からバストを守る

イメージ) Viage公式さいとより

なぜ夜ブラが必要なのかというと、寝ているときは昼間より動きは少ないですが、寝返りをします。

重力に引っ張られることでバストが左右上下に動き、脇や腕にバストの肉が流れていってしまい、バストが小さくなってしまいます。

そして、形も悪くなって、見た目も悪くなります。

そのために夜ブラをして寝る必要があります。

昼間と夜は同じブラを着けてもいいの?

では、昼間と夜のブラジャーは同じものを使ってもいいのでしょうか。

それは、別のものをつけたほうがいいのです。

なぜならば、昼間と夜の動きは全く別物です。

昼間立ち姿勢が多く、横になる姿勢です。

日中と夜とではバストにかかる重力で動きが違います。なので併用して使うとあまり効果が得られないことがありますので、日中用と夜用は分けて使用する事をおすすめします。

夜ブラを使う人はバストが大きい人だけでいいのかなと感じてしまいがちですが、バストの大きさに関係なく使う方がいいです。

「夜ブラをつけて寝る」おすすめしたい人

特にその中でも今すぐ夜ブラを使った方がいい人は、

  • バストが柔らかくて広がりやすい人、
  • 運動してバストが動きやすい人、
  • 妊娠中、出産後、バストが垂れてきている人、

このような人はすぐにでも夜ブラをして寝ることをおすすます。

バストが垂れることを抑えてくれたり、今よりも状況を悪くさせないようにしてくれます。

夜ブラを付けることでバストが垂れることを軽減させたり、見た目を維持する効果はあることがわかりました。でも、それだけなのでしょうか?

実は夜ブラをして寝ることで、バストが暖まって冷え性改善に繋がったり、体の血液の回りがよくなって、栄養分も全身にしっかりとめぐることが出来きたりと、プラスのこともたくさんあります。

夜ブラはとても効果があるのです。